会社印 通販関連情報

HOME日常的に使用される「角印」

最終更新日:2017/09/08

日常的に使用される「角印」

印鑑と朱肉

「角印」は、会社の中でも請求書や見積書などといった日常業務に使用されています。これら請求書などは、押印しなければならない重要な書類ですが、だからといって必ずしも実印を押さなければならないなんて言う事はありません。では、銀行印を使ってしまおう!そういう訳にも行きません。法人銀行印も同様保管しておかなければならない大切なものですから。そこで「角印」が便利で簡単なはんことして重宝されているのです。人によっては社判や社印と呼んでいる方もいます。
そしてこの角印は丸印と比べると使用頻度は多くなっているので、優れた耐久性を求めてチタンや黒水牛を使用しているところも多くみられます。この角印のサイズはだいたい10ミリから24ミリとされており、その書体には規定はありませんので、篆書体や太枠篆書など、偽造しにくいものなら何を使用しても構いません。
さて、「丸印」という言葉が出ましたが、角印と丸印の違いについて詳しくわかっていない方もいるのではないでしょうか。違いどころか、お互いの使いどころやしっかりとした意味すら理解できていないという方も少なくないのが現実です。社会に出ると一般常識だと言われますが、結局印鑑に携わらない仕事をしてきたのであればその違いはわからなくて当然ですよね。そこで、丸印と角印の違いを次に紹介します。
まず丸印とは読んで字のごとく形が丸い印鑑です。先ほど角印の説明の際に「社判や社印」と説明しましたが、丸印の場合「社印」とは言いません。丸印も角印も会社で使用している印鑑という部分では同様ですが、その違いは使用方法にあります。丸印は正式な契約書など、重要度が極めて高い書類を証明するために押印されるものです。これが角印では、会社側が発行した書類ということを相手に認知をさせるために押印されるものです。
角印は丸印に比べるとその重要度は低いものになりますが、使用頻度は圧倒的に多くなってくるものなので美しく押印できるものが良いですよね。でも会社印って何種類もあるからそこまでお金をかけていられない!とお悩みの方もいるのではないでしょうか。そんなあなたにオススメしたいのが社判の通販サイトです。ここには会社印の種類が非常に豊富で、キャンペーンとしてセット販売を行っているところも多く見られます。通販サイトで会社印を選ぶときは、それぞれの印鑑のサイズや書体、さらに印材にもこだわって探してみてはいかがでしょうか。

一覧はこちら

会社印 通販ランキング

TOP