印鑑業者比較ランキングサイト

人気印鑑業者5選!

はんこプレミアム

  • 個人・法人どちらも扱っている抜群の種類の多さ
  • 会社設立時に必要な印鑑もセット販売でお得に購入可能
  • 急ぎで印鑑が欲しい人も安心の特急出荷サービス

10年保障付きで高品質な印鑑販売

はんこプレミアムは全ての商品に保障が付き、安価で高品質な印鑑を販売しています。仕上がりのイメージを先に確認できるため、安心して購入できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

はんこプレミアムに対するみんなの口コミ

  • 法人印鑑を作りたいと思い、はんこプレミアムで注文しました。安価にも関わらず質が非常に良く、注文して入金後2営業日後に届きましたので、すぐに使用することができました。個人用もこちらでお願いしようと考えています。...

  • 急ぎで印鑑が必要になり、当日出荷も可能だと聞いたのでこちらの印鑑ショップで購入しました。スムーズに注文ができ、午前中に注文を終えたら午後には届いたのですごく助かりました。届ける時間帯も指定できるのも良かったです。...

  • 大切な書類に押印するのに印鑑が必要になったのですが、手元にお金がなく困っていました。こちらでは後払い決済が対応していたので、先に印鑑を注文して使用してから後払いで決済できました。支払い方法が豊富なのがとても良いと思います。...

はんこ通販ドットコム

  • 24時間365日いつでも注文可能でスピード納品対応
  • 徹底管理によって厳選された12種類の素材から選べる
  • 印鑑だけでなくケースやスタンプ台も購入可能

品揃え豊富で高品質な印鑑を安価で提供

印鑑は一度購入すると長く使用することになるため、品質の良い印鑑を選ぶ必要があります。はんこ通販ドットコムは取り扱う印鑑の種類が豊富で、徹底的に品質管理がされているため長く使用することが可能です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

はんこ通販ドットコムに対するみんなの口コミ

  • 他の人は被らないデザインの印鑑が欲しいと思い、こちらのサイトで購入しました。印材の種類が豊富で自分で選ぶことができ、とても綺麗なカラーだったマンモスの素材で注文しました。想像通りのデザインで、とても気に入っています。...

  • 印鑑はこれからもずっと使用するので、できるだけ品質の良い印鑑を探していたところ、こちらのサイトを見つけたので注文しました。素材の管理が徹底されているだけでなく、10年保証もついているので安心して購入できました。...

  • 印鑑をネットで注文したことが無く、自分がイメージしているデザインと違っていたらどうしよう、と迷っていたのですが、こちらのサイトでは事前にどんな印鑑が出来上がるのかを確認することができたので、不安なく購入できて良かったです。...

ハンコヤドットコム

  • こだわり抜いた品質・価格で印鑑インターネット販売NO.1
  • 高品質の秘訣である一等印刻師による技術監修
  • グループサイトと連携し他の商品も一括で購入可能

お客様第一に考えて高品質かつ低価格を実現

徹底的な企業努力により、安価で高品質な印鑑を販売しているのがハンコヤドットコムです。必要な印鑑が1つから購入できる他、便利なセット販売もあります。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ハンコヤドットコムに対するみんなの口コミ

  • 個人の銀行印を作る必要があり、せっかくなら長く丈夫に使えるチタン素材の印鑑が欲しいと思い、こちらのサイトで購入しました。チタン素材の印鑑の種類が豊富で、銀行印と認印のセット販売があったので持っていなかった認印も安く購入でき、...

  • デザインを重視した印鑑が欲しくて色んな場所へ行きましたが、なかなか売っておらず困っていました。その時にこちらのサイトを見たところ、デザインがとても可愛く135種類と豊富なオシャレはんこが販売されており、1つ購入しました。他に...

  • 社会人になって自分の印鑑を持つ必要があり、良い印鑑を探していた時にこちらのサイトに出会いました。社会人向けの特集があり、印鑑選びに失敗したくなかったので、定番の印鑑セットを購入しました。契約の書類や一人暮らしをする時に印鑑が...

印鑑市場

印鑑市場

熟練の職人により作られた20年保証の印鑑

印鑑市場では、10年以上経験を積んだ職人によって細かな部分も手仕上げを行い印鑑を作成しています。そのため印鑑それぞれが全く同じになることがなく、完全にオリジナルの印鑑を作成する事が可能です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

東洋堂

東洋堂

製造から加工まで自社で行い安定した品質

東洋堂は全て自社で製造することにより、安定した品質を保ちながら安価な印鑑を販売しています。個人だけでなく、はんこの大量注文や卸も可能です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

会社印の通販基礎知識

はんこを押す女性のイラスト

会社印の種類



会社を設立する際、必ず必要になってくるのが会社印です。しかしこの会社印には4つの種類があります。ここでは、その4つの会社印について紹介します。
【代表実印】
重要な契約書などで使用するもので、法務局に登録をしなければならないものです。これには具体的な規則といったものはありませんが、一般的に直径18ミリの丸印が使用されます。
【会社銀行印】
法人口座の開設などのために、銀行へ届け出なければならない印鑑です。これは使用頻度が高いので、経理担当者などに持たせることが多いです。さらに代表実印との区別がつきやすいように少し小さめのものを用意しておいた方がよいでしょう。
【社印】
社印は角印とも呼ばれています。請求書や見積書といった書類の押印に使用するものです。
【ゴム印】
こちらの用途は社印と少し似ていますが、住所や電話番号、会社名さらに代表者の名前が彫られている便利なものになっています。
会社印にはこれらの4つの種類がありますが、実は1種類のみでも法的には何ら問題はありません。しかし、印鑑を使い分けることによってリスクの分散になるのです。そして余談ですが、会社印に使用される書体は篆書体が最も多いです。このように、印鑑にはさまざまな種類がありますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

女性のイラスト

会社印鑑の登録



基本的に会社印の登録は、個人印鑑と違って役所ではなく法務局で行います。会社設立の際には法人登記を届け出ますが、この際に一緒に行うことが一般的ですので、会社のエリアを管轄している登記所でなければなりません。その際に記入しなければならない必要事項が会社の商号と住所、そして代表者の氏名と生年月日です。そして会社印として登録する印鑑を押すと登録が完了します。さらに、これは代理人(主に司法書士の先生)にお願いすることもできます。代理人が届け出る場合には委任状が必要になります。会社印の登録が完了すると、法務局から印鑑カードが発行されます。
この印鑑のサイズは1cm~3cmの正方形に収まるものといった規定が定められています。シャチハタやゴム印はもちろん、文字の判断が出来ない印鑑は会社印としての登録が不可能になっています。文字の判断が出来ない印鑑ですが、実は結構見落としがちな部分なので、しっかり確認しておいた方が良いでしょう。
個人の印鑑登録と法人の印鑑登録の違いは市区町村か法務局かといったところのみで、それ以外はほとんど同様のものになっています。会社印は契約の際に印鑑証明書の提出とともに押印を求められることがありますので、企業の信頼のためにも必ず取得しておきましょう。

印鑑と書類

会社印・角印の作成のポイント



会社印は角印が特徴的ですが、日常生活で使用する機会は決して多くはありません。そのため、いざ角印を作成しようと思っても、どうすればよいのかわからないといった方も少なくないのが現実です。さらに、いくらなんでも印鑑にそんなに料金をかけていられないという方もいらっしゃるはずです。今回は、この角印の作成ポイントについてご紹介します。
まず、会社印といえば象牙ですよね。高級感があふれる素材の象牙は、古くからの定番の素材でもあり「印材の王様」とも言われています。象牙が人気の理由はその素材だけでなく、耐久性がとてもよく、朱肉の吸着性が優れていることでも知られており、鮮明で美しい印影が注目されています。
次に人気なのがチタンです。高級さを感じられる重みのある印鑑で、今やスタンダードになってきています。会社印の通販サイトなどでは、チタン印鑑を大々的に販売しているところも多く、丈夫で変形しずらく、さらに耐熱性にも優れているというところが人気を集めています。
そして次に人気なのが黒水牛です。名前のごとく漆黒が特徴的なこちらは、落ち着いたシックな雰囲気が男性たちを虜にさせています。こちらも耐久性に優れているうえ、朱肉ともよく馴染みます。さらに比較的リーズナブルな料金で購入できます。
人気の印鑑の特徴をざっと見てみるだけでお分かりでしょうか?大切な角印だからこそやはりなんといってもそのルックスと耐久性ですね。会社印は会社の顔ともなる大切なアイテムなので、しっかりこだわっておきましょう。

はんこ

法人銀行印



【会社印と法人銀行印って何が違うの?】
基本的に、会社印と法人銀行印の違いはほとんどといっていいほどありません。強いて言うのであれば、会社印でいう代表取締役などといった役職名の部分が、銀行印という文字に彫刻されます。実は、法人銀行印を必ず作らなければならないという規定はありませんので、会社印を法人銀行印として使用することも可能ですが、非常に効力の大きい会社印と同一にしてしまった場合、紛失などのリスクが高まってしまうため、別々で作成されています。そして法人銀行印は会社印と区別するために、16.5ミリなど少し小さめのサイズで作られているのが一般的です。
【おすすめの印材】
法人銀行印の素材に特に定まった規定はありませんが、ゴム印などの変形し易い素材はもし劣化してしまった場合認められないケースもありますので、おすすめしません。丈夫で耐久性の優れた象牙やチタン、黒水牛などといったものが人気を集めています。
【セット購入がおすすめ】
法人銀行印や会社印は基本的にセット購入がオススメです。この社判は通販サイトでも3点セットなどとしてお得に購入できるところもあるほか、法人用の印鑑セットはキャンペーンなども実施している社判の通販サイトが多い傾向にありますので、会社を設立する際はセットですべてまとめて購入してしまう事をおすすめします。

会社印の通販コラム

会社印の通販ランキング

TOP